2012.8.31 kashima

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAM AS ONE - 2011.03.23 Wed

日本代表と戦う「TEAM AS ONE」のメンバーに、鹿島から新井場選手、小笠原選手が選出されました。

以下、二人のコメントです。

<新井場選手コメント>
被災された東北や関東の人々にお見舞いを申し上げます。あまり報道はされていませんが、クラブのある鹿嶋周辺も地震や津波の影響を受けていて、地面が割れて液状化し倒れた電柱や流されたコンテナが道をふさいでいる状況を目にしてきました。さらに被害の大きい東北のことを考えると胸が痛みます。サッカー選手の自分にとってできることを考え、僭越ながらチャリティーマッチに出場することで少しでもお役に立てればと思っています。

<小笠原選手コメント>
震災により多くの人が被災したり、まだ苦しい生活を送っているこの状況でサッカーをしていいのか、自分としては相当悩みました。先週から地元・岩手県の被災地をいくつか訪問させてもらい、避難所で大変な生活を送っている多くの方から「自分たちは絶対乗り越えてみせるから、サッカー頑張ってください」と言われたことが心に響きました。頑張っている人に「頑張って」とは言えず、自分自身は返す言葉に詰まってしまうような場面もあり、逆に「いつも見てるよ。応援してるよ」と励まされたりもしました。そういう人たちの気持ちに触れて、今回の試合に出場することを決意しました。自分自身は被災地の多くの人から元気をもらいました。自分のプレーで元気を与えられるかどうかは分かりませんが、サッカーをすることが自分にできることのひとつであり、チャリティーマッチに参加することで少しでも力になりたいと思います。


新井場選手は、控えめに、あまりクローズアップされない鹿嶋周辺の惨状を訴えています。
大人なコメントですね。

小笠原選手は、出場への苦悩が見て取れます。
22日まで現地に留まり、救援活動を行っていたと報道される小笠原選手。
サッカーなどしていていいのかという葛藤があったようです。
しかし、苦しいはずの現地の人たちの、「いつでも見ているよ。応援しているよ。」という言葉に後押しされたようですね。
やはり、小笠原選手は現地に行ってよかったと思います。
これからの彼のサッカー人生は、今回の経験が生きるはずです。
現地の人たちを元気付け、自分自身も元気をもらった…素晴らしいことです。

『頑張っている人に「頑張って」とは言えず、自分自身は返す言葉に詰まってしまうような場面もあり』とは、いかにも彼らしい誠実さを感じます。

さぁ、チャリティマッチが楽しみになりました。
選出メンバーも、現代表に引けを取らないJリーグ屈指のメンバーです。
楽しみ!
日本を元気付けてください!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koseta40.blog133.fc2.com/tb.php/48-7f490621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チーム東北 発足 «  | BLOG TOP |  » 生活弱者の被災

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「東北関東大震災」支援クリック募金
↑ クリックするだけで、募金になるよ!

プロフィール

koseta40

Author:koseta40
仙台在住の、二人の子供をもつ母。
鹿島アントラーズ、特に東北出身の小笠原選手を応援しています。
日頃の感じたことや、アントラーズのことなどを中心に書き連ねています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日頃のつぶやき (46)
鹿島のサッカー (51)
サッカーあれこれ (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。