2012.8.31 kashima

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー人の毛細血管 - 2011.07.09 Sat

タイトルは、宇都宮徹壱氏の書かれたコラム『被災地に求められる「サッカー人の毛細血管」斎藤重信と加藤久の知られざる活動』からいただきました。

ここで、改めてお二人を紹介するまでもないかもしれませんが、さらりと…

斎藤重信氏は、小笠原選手の大船渡高校時代の恩師であり、2006年には盛岡商業高校のサッカー部を高校サッカー選手権大会で全国優勝に導いた方で、サッカー界ではかなり有名な方です。

加藤久氏は、宮城県出身で、読売サッカークラブや清水、そして日本代表として活躍。
卒業した早稲田大学の助教授をしたり、湘南ベルマーレの監督や、近いところでは京都サンガの監督などにも就き、こちらもサッカー界ではかなり有名な方です。

斎藤先生は岩手、加藤氏は宮城と、出身が東北なため、個人的に親近感を持って拝見していました。


そのお二人が、震災のあと、個人的な支援活動をされている様子(現在進行形)が紹介されています。
斎藤先生には、もちろん小笠原選手の影響が大きく、

「わたしが支援活動をスタートさせたのも、やはり満男の影響が大きかったですね。『先生、こういうことをやりたいんだ』とか『荷物を送りたいけどどうすればいいですか』とか、震災直後からたびたび連絡してくれたんです。わたしも長いこと教員をやっていましたが、教え子に教わったようなものです(笑)。こういう時は、動ける人がすぐに動くべきだという」(斎藤先生)

「東北サッカー未来募金の立ち上げの際にも、小笠原はよく動いてくれました。今野(泰幸=FC東京)と一緒に、基金のポスターになってくれることを快諾してくれましたけど、本当は自分が目立つことは本意ではなかったと思います。それでも彼自身、すぐに被災地に駆けつけて、相当なショックを受けた。しかもリーグ戦が再開されても、支援活動を続けています。彼なりのやさしさの表れなんでしょうね」(加藤さん)



高校サッカー界の指導者の方たちや父兄の方たちから支援が集まり、支援の輪が大きくなっているようです。
居ても立っても居られないというのが、偽らない心なのでしょう。
対戦したことのない学校の方もいらっしゃるとのこと。
これぞ、「サッカー人の毛細血管」かと。
たまたま、サッカーに携わっている人たちが、「ではサッカーを通して支援をしよう」と立ち上がる、「支援ができるんだ」と思うのではないでしょうか。

加藤さんは、個人で黙々と支援を続けていらっしゃるそうです。
何もなくなったような所で、「サッカーをやろう」なんて言ったらひんしゅくを買うかもしれない、でも、組織に縛られないで支援を続けていくんだという。

「もちろん、協会やクラブ主導の支援活動もありだと思います。ただ組織でやる場合、どうしても決まりごとが多くて、現場に下りてくるまで時間がかかってしまう。そこを補う意味でも、われわれサッカー人の毛細血管のような人的ネットワークを生かした活動が意味を持つのだと思います。東北サッカー未来募金の立ち上げもそうでしたし、斎藤先生やわたしが続けている活動もそうです」

各Jリーグのサポーターの方たちの募金だって、支援物資を持ち寄ることだって、立派な「サッカー(人)の毛細血管」です!
Jリーグが好きでよかったと思うのは、スタジアムでお互いを労わる、讃えるコールがおきる、義援金を募る声が響く、そういった動きがある時です。

サポーターのグループが組織立って支援に走る、サポーター個人ででき得る支援を続ける、皆頼りがいのある「サッカー人の毛細血管」ですね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://koseta40.blog133.fc2.com/tb.php/80-6d55ca5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

老婆心 «  | BLOG TOP |  » 人の品格

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

「東北関東大震災」支援クリック募金
↑ クリックするだけで、募金になるよ!

プロフィール

koseta40

Author:koseta40
仙台在住の、二人の子供をもつ母。
鹿島アントラーズ、特に東北出身の小笠原選手を応援しています。
日頃の感じたことや、アントラーズのことなどを中心に書き連ねています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日頃のつぶやき (46)
鹿島のサッカー (51)
サッカーあれこれ (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。